朝洗顔は必要?

正しい洗顔のやり方

洗顔とは、皮膚を健やかに保つためのもの。正しい洗顔のやり方、方法を解説してます。

朝洗顔は必要?

洗顔というと、朝起きたときと、夜、お風呂上りの1日2回、行うのが良いとされています。

洗顔料には、皮脂や褪せ、化粧品などの不要な汚れを落として、肌を健康に保つ、という目的があります。

でも、最近は「朝は汚れていないから」という理由で、洗顔料を使わず、水かお湯だけで洗顔する、という人が増えています。

朝洗顔に洗顔料は必要なのでしょうか、それとも水やお湯だけでもオーケーなのでしょうか?

皮脂組成のメカニズム

それには、皮脂の組成の時間経過がかかわっています。

時間をおくと、皮脂の主成分である、トリグリセライド(トリグリセリド)、ワックスエステルの一部が、変性皮脂に変化していることが分かります。

皮膚にある常在菌により、トリグリセライドが分解されて、変性皮脂となるのです。

変性皮脂とは、不飽和遊離脂肪酸を含む、遊離脂肪酸のことです。

この変性皮脂が、皮膚にたいして、ダメージを与えます。

変性皮脂の、肌に対する悪影響には、以下のものが挙げられます。

★肌バリア機能の低下
★ターンオーバーの昂進
★水分保持能力の低下
★毛穴の開き
★キメを乱す
★炎症を起こす


たとえ外に出なくても、寝ているだけでも、時間が経過していくことにより変性皮脂が生まれ、肌トラブルのもとが生み出されているのです。

これは見逃せません。


変性皮脂は、水やお湯だけでは落とすことはできません。

洗顔料の有無にかからわず、水やお湯だけで洗うと、変性皮脂は残留してしまいます。

油性の成分である化粧品汚れが水や汚れでは落ちにくいです。

それと同じように、「皮脂」である変性皮脂も、水やお湯だけでは落とせないのです。

女性が気になるところ…

20代~40代の女性が気になる箇所といえば、鼻と頬の毛穴です。

これには、変性皮脂が関わっていることが分かっています。

朝と夜の洗顔で、洗顔料を使って適切に落とす必要があるでしょう。


洗顔をするときは、まぶたの洗い方にも注意するべきです。

なぜかというと、まぶたには皮脂腺がないからです。

過剰に洗浄してしまうと、肌のバリア機能を低下させてしまいます。

外からの刺激から無防備になってお肌は、肌トラブルを起こしやすくなります。

だから、朝に洗顔料で洗うことは大切ですが、その際、なるべくTゾーン、日中に皮脂分泌が気になる部分、にきびができやすい部分を中心に、洗顔料を使うようにすると、肌への刺激を抑えて、肌を健やかに保ちやすくなります。

朝、忙しいときはつい、洗顔をてきとうにすませてしまいがちです。

朝起きて冷水で顔を洗って、そのままメイクして出勤・・・というパターンになりがちです。

でも、忙しい時間でも、ちゃんと洗顔をしないと、変性皮脂により肌トラブルを引き起こしてしまうかもしれません。

ポンプから泡で出てくる洗顔料もあるので、忙しい朝は、そういった便利グッズを利用して、手軽に洗顔をすませるのもよいでしょう。

やっぱり洗顔は朝と夜、洗顔料を使ってやっておくべきなのです。

正しい洗顔のやり方

正しい洗顔の方法
正しい洗顔のやり方を行うための注意すべきポイントを紹介します。
正しい洗顔方法の基本
正しい洗顔方法の基本的なことをおさえて、皮膚のコンディションをベストな状態にしていきましょう。
朝洗顔は必要?
朝洗顔に洗顔料は必要なのでしょうか、それとも水やお湯だけでもオーケーなのでしょうか?
洗顔で変性皮脂を落とす
洗顔には、メイクやほこりなどの汚れを落とす、という目的もありますが、変性皮脂を落とすという目的もあります。変性皮脂をそのままにしておくと肌に様々な悪影響を及ぼします。
敏感肌の洗顔は保湿が大事
敏感肌の人は、少しの刺激でも肌トラブルを招いてしまいます。より丁寧な洗顔と洗顔後の保湿が大切です。