正しい洗顔方法の基本

正しい洗顔のやり方

洗顔とは、皮膚を健やかに保つためのもの。正しい洗顔のやり方、方法を解説してます。

正しい洗顔のキホン

洗顔には、クレンジング剤による洗顔と、洗顔料による洗顔の2種類があります。

洗顔には、皮膚を健やかに保ち、生理機能を活発にする、という目的があります。

でも、間違った洗顔をしてしまうと、皮膚の状態を悪化させてしまいます。

トラブル肌なら悪い洗顔による影響を受けやすいし、健康な肌でも、ダメージを受けるおそれがあります。

だから、正しい洗顔を知って、行うようにしましょう。

皮膚の汚れ

皮膚には汚れがついています。

これには2種類あって、1つ目は体の中から出る汚れ、2つ目は外部から付着した汚れです。

体の中から出る汚れとは皮脂や汗、古い角質(あか)です。

外部から付着する汚れは、土屋砂、花粉などのほこり、ちりです。

化粧品も、外部からの汚れです。

洗顔料は使用すべきか?

洗顔するとき、はたして洗顔料を使うべきか? という疑問を持つことがあるかもしれません。

男性なら、朝夜、洗顔料を使わず、水洗いだけで洗顔をして過ごして要る人が多いです。

なのに女性は、朝と夜、2回、洗顔料を使って洗顔するのが当たり前のように言われています。

考えてみると、変なはなしです。

でも、女性は男性と違う環境で生活しています。

UVクリームやファンデーションを使っているし、それによる汚れの量は、男性よりも多いです。

だから、洗顔料が必要となるわけです。

そして問題は、洗顔は本当に、皮膚を健やかに保ち、生理機能を活発にするのか? という点です。

健康な皮膚は、弱酸性をしています。

乾燥肌だと、pHが高くなります。

pHが高いと、角質が本来持っているバリア機能は低下します。

だから、強いアルカリ性洗浄剤は、肌に悪影響をもたらすといえるでしょう。

界面活性剤のメリット・デメリット

汚れのうち、ほこりやちり、汗などは、水溶性なので水でほとんどが落ちます。

しかし皮脂汚れや化粧品の使用性成分は、水では落ちにくいです。

だから、洗浄成分として、洗顔料には界面活性剤が使われています。

界面活性剤は、皮膚の余分な皮脂汚れを取り除いてくれるはたらきがあります。

また、皮膚のバリア機能を担う皮脂膜や、天然保湿因子(NMF)、セラミドなど角質細胞間脂質も除去してしまうという悪い効果もあります。

だから、界面活性剤の良い効果だけを受けられるように、正しい洗顔をしないといけません。

低刺激石鹸がおすすめ

低刺激石鹸は人気があります。

これは、通常の石鹸に比べ、化学的に刺激が弱いです。

こうした石鹸の界面活性剤は、皮膚に近いpHなので、弱酸性~中性です。

商品によっては、弱アルカリ性なので、皮膚への影響も低いです。

肌への影響が気になる場合は、こうした石鹸を使うのも良いでしょう。

洗顔するときの水は“軟水”がおすすめ

洗顔するときは、軟水がおすすめです。

硬水を使うと、泡立ちにくくなります。

また硬水は皮膚への刺激があり、乾燥しやすくなってしまいます。

日本の水道は軟水なので、ヨーロッパでよくある硬水よりも、洗顔に適しているといえるでしょう。

水の温度は、ぬるま湯がおすすめ。

冷水だと、とくに油性の油が落ちにくくなるからです。

正しい洗顔のやり方

正しい洗顔の方法
正しい洗顔のやり方を行うための注意すべきポイントを紹介します。
正しい洗顔方法の基本
正しい洗顔方法の基本的なことをおさえて、皮膚のコンディションをベストな状態にしていきましょう。
朝洗顔は必要?
朝洗顔に洗顔料は必要なのでしょうか、それとも水やお湯だけでもオーケーなのでしょうか?
洗顔で変性皮脂を落とす
洗顔には、メイクやほこりなどの汚れを落とす、という目的もありますが、変性皮脂を落とすという目的もあります。変性皮脂をそのままにしておくと肌に様々な悪影響を及ぼします。
敏感肌の洗顔は保湿が大事
敏感肌の人は、少しの刺激でも肌トラブルを招いてしまいます。より丁寧な洗顔と洗顔後の保湿が大切です。